救世主・青缶のニベア

仕事のストレスからアトピーになり、目の周りがボロボロと皮がむけ、終日ひりひりが止まらないというひどいお肌の状態になりました。通院し、ステロイド剤、目の周りに塗っても大丈夫なものを処方してもらいましたが、毎日塗るのは気が引けたので敏感肌用と呼ばれる化粧品をいろいろ試しました。購入して駄目だったことを考え、店頭のサンプルを活用しました。

敏感肌用とうたっている化粧品、キュレル、ドクターCラボセンシティブ、NOV、アルージェ、ほとんどNGでした。唯一天使の化粧水なら、ビリビリではなく、ぴりっ、で済むので利用していましたが、塗っても塗っても肌が潤うことはなく、目の周りはいつも赤く、ボロボロ皮がむけていました。もちろん洗顔料は一切使えず、ぬるま湯で洗うのみ。10代のころのあのアブラ分はどこへ行ったのかというくらいカサカサ、でした。最後の手段はオロナインとワセリンをぬって水分を肌に閉じ込めようとしましたが、逆に毛穴をふさいでぶつぶつのもとになりました。

そんな時、教えてもらったのがニベアの青缶でした。あの独特の香りが大丈夫ならだまされたと思ってつかってみてと友人に教えられ、早速1缶購入。500円ならまぁいいか、と軽い気持ちで試したところ、今までの悩みがなんだったのかというくらい肌の調子がよくなりました。

洗顔後、化粧水などなしに、顔を拭いたらそのままぺたぺたと塗り、目の周りを軽くマッサージするようになじませます。顔全体にもなじませこれでおしまい。疲れがひどくなると、まだ時々目の周理の皮がむけますが、ニベアと出会う前の肌とは比べ物にならないくらい潤いが戻りました。

効果は人によりけりだと思いますが、30代後半にひどく悩んだ乾燥肌、40歳の今のほうが格段に潤っています。

赤ら顔にはアカラフォーミュラ

刺激は厳禁です☆敏感肌ケア

洗顔料やクレンジングを刺激の少ない物を使うのは当然です。これは敏感肌のひとなら意識して肌に優しいものを選んでいると思いますが、意外と盲点なのが、タオルやコットンなどの布類です。これらが肌に触れることすら敏感肌にとっては刺激となります。

肌に優しいからとミルクタイプやクリームタイプの洗顔料やクレンジングが増えていますが、これらを使っていてもコットンでふき取っていては結局肌に刺激を与えているのです。ミルクタイプやクリームタイプを使用する場合は洗い流し可能かどうか調べてから買いましょう。洗い流すことが肌には一番負担をかけません。

そして、洗顔後にタオルで顔を拭くのも敏感肌にはご法度です。角質がこすれて乾燥がひどくなって痒みや赤みが現れることがあります。

ではタオルを使わずに水気を取るにはどうしたらよいのでしょうか。それは「肌に水気を馴染ませる」です。手のひらで大まかな水分を拭ったら、手のひらで優しく残った水気を肌に馴染ませます。それだけで刺激はなくなり肌に優しいケアになるのです。

アットベリージェル

安物買いの銭失いのスキンケア

肌の乾燥と毛穴の開きで長年悩まされてきたので、化粧水や乳液とかケアしようと考え、化粧品なんてどれも同じだろうとかなり安めのものを購入しました。ところが、いくら一生懸命ケアし続けても一向に効果は表れませんでした。

私は暑い季節に汗をかくことで毛穴が広がって黒ずみになってしまい、それを取り除こうとしてさらに毛穴が開いてしまうという悪循環を繰り返していました。また、寒い時期には顔や身体が乾燥してカサつくようになってしまうので、食事の改善でなんとかしようとしましたが、うまくいきませんでした。

そんな感じだったので、リポコラージュラメラエッセンス美容液といった試しにちょっと高価と感じる美容液や化粧水、乳液に変えてみたところ、毛穴の開きだけでなく肌の乾燥も改善され、今では両方とも気にならないくらいまでになりました。

たまたまこの化粧品が私の肌に合っていただけの話かもしれませんが、安いものと比べるとこんなに効果に違いが出るなら、リポコラージュラメラエッセンスのように少しくらい高くても続けていこうという気持ちになりますね。

リポコラージュ

体力がついたのはプラセンタサプリメントのおかげです。

プラセンタサプリメントを摂りはじめたのは30代がもうすぐ終わろうとしているときでした。
肌の状態が年齢のせいもあり思うようにキレイにならないことにこれから先のことが不安になり、プラセンタサプリメントを摂るようになりました。

友人から紹介されたプラセンタサプリメントを飲み始めてなんとなく体の調子がいいことに気が付いてから、プラセンタが自分の身体に合う商品だと感じてそれから毎日欠かさずに摂り続けています。
プラセンタを摂っていると夜型生活しかできなかった私でも朝きちんと起きられるようになったので、今更プラセンタをやめることはできません。

プラセンタを摂っているから身体が疲れにくくなったし、朝型生活が無理なく出来るようになったのです。

肌の状態にあまり目立つ変化は表れていませんが、体力がついて健康的な生活ができるのはプラセンタサプリメントのおかげだと思って感謝しています。これからもプラセンタサプリメントだけは摂り続けていきたいです。

エイジングリペア

身体の中から小じわ対策

小じわと聞くと目尻の笑いじわに悩む人が多いようですが、私の場合は目の下の細かいちりめんじわ、眉間のたてじわがくっきり入っている状態です。

10数年前、花粉症になってから目のかゆみがひどくなり、擦ることが増えてしまったのでしわになってしまったようです。眉間のしわは表情によるもので、仕事や考え事をしている時など、常に怖い顔をしていると指摘されたことがあり、くせがついてできてしまったのです。

レチノール入りの化粧品や、セラミド、ヒアルロン酸などの成分が含まれる美容液を色々試してみたのですが、あまり浸透している感じがなく、やはり効果もありませんでした。

まずは肌をやわらかくして化粧品が染み込みやすい状態にしなくてはいけないと思い調べました。肌に良い食べものを積極的に摂ること、ビタミンCはたっぷり必要なのですが成分が壊れやすいので、サプリメントで補うことにしました。しわに効くという薬であるロスミンローヤルも飲んでみたいです。

まだしわが改善している実感はありませんが、生理前に必ずできていた吹き出物も出なくなり、肌の潤いは少し出てきたようなので、続けて対策しているところです。ダメなようならロスミンローヤルを試そうと思います。

ロスミンローヤルの特徴

化粧下地で差が付くメイクアップ

私は、汗をかきやすいタイプですので、化粧崩れを防ぐためと、お肌のキメを整えるために、必ず、シルキーカバーオイルブロックなどの化粧下地を使います。

今使っている化粧下地は、コフレドールの崩れにくい方の下地を使っています。コフレドールには、しっとりタイプもあります。

私は、暑がりですので、化粧下地は、なるべく薄くつけます。今使っているのは、とても良くのびる下地ですので、ちょうど良いです。

最初は、おでこ、鼻、両頬、あごに分けて、少しずつのせて、両手でまんべんなく、顔全体にのばします。

その後、整える様に、両手のひらで、優しく押さえます。

それから、普通にメイクをしていきます。

化粧下地をしないで、メイクをした場合、お化粧ノリが、とても悪く、すぐに崩れてしまいます。
それは、私が、とても汗っかきだからです。

化粧下地は、お肌の乾燥を防いでくれますから、やはり、お肌を守るためにも、必要だと思います。

万が一、何かのひょうしに、お化粧がはげてしまった時、あまりにも、肌の色の差が出てしまうのは、不自然ですので、色を選ぶ時も重要になってきます。

シルキーカバーオイルブロックとか化粧下地は、私にとって、必須アイテムです。

愛用のスキンケア

典型的な乾燥肌、敏感肌です。
色々試して失敗したり皮膚科にかかったりで最後に辿りついたのが、キュレルシリーズです。
ドラッグストアにたいてい置いてあること、値段も求めやすいこと、何より使ってみて値段以上な効果が得られたことが、継続購入のキッカケになりました。
値段以上の効果、というのは、まず使ってみて翌朝にお肌が今までなかったくらいしっとりとしていることでした。この即効性は期待していなかったぶん、すごく嬉しかったです。
化粧水、クリーム、塗れば塗るほどそれが増します。
無香料なのも個人的にはポイントです。
香料も肌に負担をかけると聞いたことがあるし、下手に香料が入っていたら頭が痛くなるタイプなので、その点はありがたいです。
これらのことがマッチして、かれこれ3年は愛用していますし、浮気をする気は起きません。
キュレルは美白シリーズなどのラインも展開していますし、ハンドソープ、ボディソープも秀逸ですので、敏感肌、あるいは乾燥肌の方は是非試していただきたいと思います。ミニサイズも販売しているので、まずはそこから入ってみてもいいかもしれません。

間違ったスキンケアを過去にしていた私

私は高校生の頃、ニキビだけでなく肌全体がものすごく荒れた時期があります。吹き出物があちこちにでき、毛穴も詰まったようになり、おまけに乾燥肌なため、鏡を見るのも嫌な状態でした。
なので洗顔をそれまで以上に念入りに行ったり、母親にスキンケアの化粧品を借りてケアをしたりとしましたが、なかなか改善できませんでした。肌自体は多少キレイになるものの、ニキビや吹き出物がまったく治らなかったのです。しかも顔というのはあまり洗いすぎると逆効果になるといったことも聞きました。それは顔の必要な油分まで取ってしまうからだそうで、より乾燥してしまうという悪循環になっていたんではないかと今になって思います。
ただ当時はとにかく洗顔をしなければ、顔の汚れを取らなくてはといった思いで、必死でゴシゴシと顔を洗っていたのでした。もちろん今になってゴシゴシと顔を洗うことは逆効果だと分かるのですが、当時はそういったことも分からずものすごく間違ったケアをしていたんだなと思います。

クレンジングジェルを選ぶ時に注意すること

楽天などのショッピングサイトでフルリクリアゲルクレンズといったようなクレンジングジェルを選ぼうかと見てみると、種類の多さにどれを選べばいいのかわからなくなったりしませんか?そんな時は、自分はどんなものが良いかと考えているのか、ある程度条件を付けて絞り込むと良いですよ。

クレンジングジェルの場合、洗浄力は重要なポイントとなりますが、それ以外でも突っ張らないか、すすぎが簡単か、無添加かといったいくつかポイントに重点に置いて探すと良かったりします。

フルリのクレンジングゲルもそうですが、基本的にクレンジングジェルはオイルクレンジングより突っ張らないものですが、洗浄力が強すぎるようなものだと突っ張ることもあるみたいですので、ここは注意しておくと良いです。

また、簡単にすすぎができるかも注意した方が良いですね。もともとクレンジングジェルはすすぎが簡単というのがウリだったりするので、これは外さずにチェックしましょう。

あと、無添加で肌にやさしいかも重要ですね。界面活性剤など刺激が強いものが含まれている場合がありますが、敏感肌など肌トラブルを起こしやすい人はこういったものは避けるようにしましょう。

3大美容成分配合の飲むヒアルロン酸

販売累計が50万本を突破し、雑誌やテレビなどメディアに取り上げられることも多くて人気沸騰中のヒアルロン酸ドリンク「ピモレの熟成ヒアルロンEX」は、配合成分にこだわりを持っていて、これからさらに話題となりバカ売れのヒアルロン酸ドリンクになっていきそうな感じですね。

熟成ヒアルロンEXの主な配合成分はヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタと、ここ最近の美容関連、特にエイジングケアで注目を集めている3大美容成分です。ヒアルロン酸は一般的なものでは無く熟成ECM・Eという低分子化され体内への吸収がより良いものが配合され、コラーゲンは動物由来の100分の1というサイズのスカールコラーゲンが配合されています。それにプラセンタは一般的な豚由来のものでは無く、アミノ酸が豚の300倍ともいわれ、栄養量が豊富な馬プラセンタが配合されているそうです。

これだけこだわりの成分が配合されているので、加齢によってどんどん体から無くなっていく分を熟成ヒアルロンEXで補っていけば効率的かもしれませんね。

熟成ヒアルロンEX