コラーゲンとはどんな成分なのか?

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で、皮膚、筋肉、内臓、骨など、体中の細胞にとって非常に大切な成分です。カネボウ コラーゲンプラスとかに配合されてるので、美容成分と思われがちですが、そうではなく、体の維持のためにとても大切な成分なのです。

カネボウ コラーゲンプラスの主成分であるコラーゲンは、体の中の30%~40%を占める重要なタンパク質で、摂取させると消化器官を通過する間に消化酵素で分解され、ペプチドへと変化し、最終的にアミノ酸になって小腸から吸収されます。吸収されたアミノ酸が、肌、目、骨などの各器官へと到達するのです。端的に言うと、アミノ酸がたくさん結合してできた成分と言えます。

人間の生体内のタンパク質の内、約30%がコラーゲンで、細胞と細胞の隙間を埋め、様々な組織をつなぎ合わせる役割を果たしています。体全体の健康を司るために不可欠の重要なタンパク質の成分なのです。

コラーゲンは、人間の肌の70%を占めていますが、20歳をピークに減少の一途を辿ります。加齢とともに少しずつ減少していくので、定期的に摂取する必要があります。不足すると、肌にハリや弾力がなくなってくるので、カネボウ コラーゲンプラスなどのサプリや生コラーゲン、コラーゲンドリンクなどで積極的に摂取することが大事です。