刺激は厳禁です☆敏感肌ケア

洗顔料やクレンジングを刺激の少ない物を使うのは当然です。これは敏感肌のひとなら意識して肌に優しいものを選んでいると思いますが、意外と盲点なのが、タオルやコットンなどの布類です。これらが肌に触れることすら敏感肌にとっては刺激となります。

肌に優しいからとミルクタイプやクリームタイプの洗顔料やクレンジングが増えていますが、これらを使っていてもコットンでふき取っていては結局肌に刺激を与えているのです。ミルクタイプやクリームタイプを使用する場合は洗い流し可能かどうか調べてから買いましょう。洗い流すことが肌には一番負担をかけません。

そして、洗顔後にタオルで顔を拭くのも敏感肌にはご法度です。角質がこすれて乾燥がひどくなって痒みや赤みが現れることがあります。

ではタオルを使わずに水気を取るにはどうしたらよいのでしょうか。それは「肌に水気を馴染ませる」です。手のひらで大まかな水分を拭ったら、手のひらで優しく残った水気を肌に馴染ませます。それだけで刺激はなくなり肌に優しいケアになるのです。